谷川岳天神平星の鑑賞会の最近の様子

p9300003今年の星の鑑賞会は、「星の鑑賞が期待できない場合は中止」、このため室内プログラムは開催しないという方針で実施されてきました。

昨年までは「よっぽどの悪天候以外は開催」ということで実施していたため、小雨の中で星空が見えたり、ガスが晴れてきれいな星空が出てきたこともありました。

そんな状況の中、今年は、9月の異常なまでの晴れ間のない天気のため9/29までで開催した日が、9/9と9/10の2回のみという異常な事態でした。また、せっかく来たので星が見える可能性は低くても夜のロープウエイに乗りたい・・・等の意見もあったようで、9/29(金)から方針転換
『雨とかで全くだめな場合以外は開催する』ということで『室内プログラム』が正式に復活!
そんな方針転換を受けて9/30から仕切り直しの鑑賞会がスタートしたわけですが、9/30(金)、10/1(土)はあいにくガスがかかっていて天神平は真っ白。ガスが薄くなってきたときもありましたが結局、星は見えず。
でも、望遠鏡班の工夫で、ゲレンデに木星の模型が設置され、ゲレンデの80mm屈折望遠鏡やビューテラス入口にせっちした200mmドブソニアンで木星を見てもらいました。
室内ではパソコンを使っての室内プログラムが復活し、「星座の話」「天神平で見える星座の話」「星の伝説」「宇宙の果てまで旅する」「太陽系惑星を散歩してみる」など楽しんでいただきました。
ビューテラス内に設置した天体望遠鏡で「宇宙人を探してみよう!」コーナーでは何が見えたかな?
また、ビューテラス内にはロープウエイ職員手作りの太陽系惑星のスケールモデルがぶら下げてあります。あなたはいくつ見つけられますか?
星が見えないにも係わらずほとんどのお客さまが少しでも星が見えないかかな〜という期待とともに最後までおられました。感謝です!10月はいろんな意味でのサプライズに期待しましょう!

pa010012_1
望遠鏡もガスの中

ビューテラス入口
ビューテラス入口

200mmドブソニアン望遠鏡
200mmドブソニアン望遠鏡(ゲレンデの方を見ています)

ファインダー内を撮影したもの(木星だ〜)
ファインダー内を撮影したもの(木星だ〜)

室内プログラム
室内プログラム

室内プログラムの様子
室内プログラムの様子

宇宙人を探そう(^_^)
宇宙人を探そう(^_^)

RW職員手作りの惑星模型
ロープウエイ職員手作りの惑星模型

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です