4/20尾瀬ケ原情報

4/20(金)10時に鳩待峠への冬期閉鎖が解除されるので、津奈木のゲートが開くのを待って鳩待峠に入ってきました。ゲートでは、私が到着した9時半頃には20台ほどのクルマが並んでおり、10時近くになると後ろに10台ほど並んでいました。

鳩待峠からは至仏山にバックカントリーで入る人がほとんどで、尾瀬ケ原には数組!ほぼ貸し切り状態で静かな尾瀬ケ原を味わえました。今回は時間の都合で、原の川上橋の先までしか行けませんでした。例年より雪が少なく、昨年のGW明けくらいの雪の状態でした

鳩待峠〜山ノ鼻間では10箇所ほど木道が露出しており、木道付近の積雪は20センチほどです。途中沢をわたるところはバショによっては雪が薄く踏み抜きの危険があります。木道をわたるほうが無難なところもありました。テンマ沢湿原では3箇所ほど湿原が顔を出し、ミズバショウの小さな新芽が顔を出し始めています。

尾瀬ケ原はこの時点では木道はほとんど露出しておらず、木道以外のところも歩けますが、あと1週間すると雪解けが進み、木道しか歩く事ができないかも知れません。

原の川上橋は踏み板が取り付けられておらず橋げたの鉄骨の上を歩かなければなりません。

山ノ鼻のトイレは使用できます。

ペンション木馬にご宿泊のお客さまで尾瀬に行かれる方には5時頃からの朝食もご用意できます。また朝食に替えてのお弁当もご用意できます。《ペンション木馬の登山者応援プラン

◆2017年との状況の比較

◆2018年4月20日の様子

鳩待峠開通 鳩待峠開通
鳩待峠 鳩待峠(山ノ鼻への入山口)
テンマ沢湿原 テンマ沢湿原
   山の川上川橋
山ノ鼻ビジターセンター 公衆トイレ

燧ケ岳
燧ケ岳

至仏山
至仏山

原の川上川橋
原の川上川橋

原の川上川橋先の木道
原の川上川橋先の木道

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です