スノーシューツアー下見(大幽)

週末開催の「ペンション木馬自然派倶楽部スノーシューツアー」コースノ下見に出かけてきました。当日ガイドをお願いするF&Wのガイド「ミッチー」と「ツージー」がお供です。
雪はしまっていて歩きやすく、大幽洞窟から須原尾根に上がって上ノ原に戻る1日コースの前コースを約5時間かけて比較的のんびり歩いてきました。当日はもっと時間をかけてゆっくりしたペースで進むのですが、下見ということもあって手早く済ませました。このコースは「最高の展望をが楽しめる!」コースなのです。


大幽洞窟の「氷筍(ひょうじゅん)」もまだしっかり残っており見応えがあります。この洞窟から尾根へののぼりがちょっときついのですが、10分ほど頑張って登るとみはらしのいい尾根にでます。登っている途中振り返ると谷川岳〜朝日岳の展望が楽しめます。尾根に出ると至仏山、笠ヶ岳が目の前に、少し移動すると武尊山も見え、転移がよければ浅間山も見えます(この日は見えました)。大穴スキー場、ノルンスキー場も見渡せ最高に楽しめます。
この辺りは熊が非常に多い所ということで「熊の爪痕」が至る所にあります。ブナやヤマブドウが豊富にあるので熊さんにとってはエサに困らない場所なのでしょう。
土曜日の天気は良さそうなので当日のツアーが楽しみです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です