「大幽〜須原尾根展望コース」スノーシューツアー報告!

3月11日(土)にペンション木馬自然派倶楽部スノーシューツアーを実施しました。コースは「大幽〜須原尾根展望コース」ということで木馬オリジナルのスペシャルコースです。このコースはキツい尾根への登りを克服し、天気に恵まれれば「谷川連峰」「至仏山・笠ヶ岳」「越後の山々」「武尊山」等が一望できる一押しのコースです。幸い当日は天気にも恵まれ、暖かく最高のツアー日和となりました。参加者は初参加の1組と木馬自然派倶楽部常連の2組の計3組6名の参加となりました。ガイドはF&Wのミッチーにお願いしました。


当初週末は雨の予報となっており悪天候時の別コースへの変更も考えていましたが週末が近づくにつれ「晴れ」マークに変わってきました。昨年2月の同コースのツアーは最悪の天気(吹雪)のため大幽洞窟での折り返しになったためリベンジのため参加した常連の1組も今回はニンマリのようでした。
気温が高くスタート時から上着を脱いで歩き始め大幽洞窟ではここの名物「氷筍」をじっくり見てもらい小休止の跡はいよいよ尾根への急登開始。先頭を行くガイドのミッチーが慎重にコースを選びスコップでステップを刻みながらゆっくり登って行きます。途中振り返ると谷川連峰の山々が一望でき高度をかせいできたことが実感できます。息をきらしながら尾根にたどり着くと目の前には「至仏山・笠ヶ岳」が見えます。
しばし展望を楽しんだあとはお待ちかねのランチタイム!本日のメニューは「トルティーヤ風スープ」と「ハムレタスサンド」。景色を堪能しながらのんびり休憩したあとはひたすら下り斜面。恒例の「尻すべり」も楽しみ無事帰着!
参加者の皆さんお疲れさまでした。ガイドのミッチーご苦労様でした。

2 Comments

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です