湯檜曽川で見つけた春・・・

3月15日の陽気につられてのお散歩・・・のレポートの続きです。
「ゆびそやなぎ」が青空をバックに輝いていました。写真2枚目薄緑色のぶら下がっているものは「ウスタビガノマユ」です。もう少し鮮やかな緑色をしたものも見たことがあるのですが、このウスタビガは春から夏にかけてマユを作り、夏から秋に成虫になります。卵の状態で越冬するためこのマユの中には無視はいないんです。でも眉の表面に見えるのは産みつけられた卵かな?

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です