至仏山の山開き

スノーシュー常連のI夫妻から予約が入り7/1の「至仏山の山開き登山」ならびに7/2の「谷川岳山開き登山」に参加したいということで本日「至仏山」に出かけてて来ました。夜中2時過ぎ頃からかなり強烈に雨が降り、4時に起きたときにはザーザー降り。本日の山行が危ぶまれる状況でしたが、5時45分の朝食時間になると結構小降りに!とにかく出かけてみようということで7時頃に出発。いざ尾瀬へ!
現地についた所雨は降っていない。そこで予定通り「至仏山」へ!


登山口では『途中、雪が残っていますので注意してください』とのことでしたが、写真のように雪がびっしり残っている箇所があり(写真は笠ヶ岳分岐手前の樹林帯)ました。アイゼンを装着するほどのことはないまでも要注意!頭注、頂上ともに濃いガスの包まれ景色を楽しむことは出来ず。高山植物を眺めながらの山行です。今年は雪が多く残っているということもあり、高山植物の見頃もう少し先のようです。(写真は「ホソバヒナウスユキソウ」)。蛇紋岩と木道が非常に滑りやすく、特に下りは要注意です。帰路、ほんの少しガスが切れ、アヤメ平方面や尾瀬が原が垣間見えました。途中ちょっと雨に降られたものの、泥だらけになりながらの無事帰着。鳩待峠で泥だらけの登山者は「至仏山」に行ってきた人とすぐにわかりました。

One Comment

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です