同期会(尾瀬自然保護指導員)

2005年にNPO尾瀬自然保護ネットワーク主催の「尾瀬自然保護指導員養成講座」に参加しましたが、その際の受講生(同期生)がかれこれ1年経つので1年の活動や尾瀬ネットの活動を振り返りながら旧交を暖めようおということで監事をかって出ていただいたMさんの呼びかけで紅葉マッ盛りの水上で10/28集まりました。
首都圏、そして遠くは福島県から同期生4人+私、そして研修の講師だった担当理事1名が木馬にやってこられました。
尾瀬ネットワークでは
 ・野生ジカの調査
 ・入山指導
 ・至仏山登山道(東面登山道)調査
等の事業を行っています。私は今年度の行事には参加できなかったのですが(土・日に行われたため)同期生はそれぞれいろんな行事に参加されたようで貴重な体験談を聞くことが出来ました。
このメンバーが集まったら飲まない訳はない!ということで夜は大宴会となりました。尾瀬のことや自然のこと、山のことを語らせばあつくなる面々なのでついつい盛り上がってしまいました。

翌日は兼ねての計画通り、「幽ノ沢」まで出かけ、帰路は湯檜曽川沿いに下ってくる「紅葉ハイキング」に出発しました。旧道はマイカー規制で歩くのには気持ちよく、紅葉の具合もよくて「マチガ沢」「一ノ倉沢」「幽ノ沢」の景観に皆さん感激していただきました。
帰路は湯檜曽川におり、一の倉沢出合の河原にておにぎりと煮込みうどんでお昼にしました。
「みなかみにはこんな素晴らしい宝物がある」「今日歩いた清水街道はいいハイキングコースなのにもっとPRすれば」と言う心強い参加者の感想でした。

次回はどうやら福島にて同期会が開催される模様のようです。

皆さんお疲れさまでした。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です