大晦日の報告


ペンション木馬の大晦日は恒例の樽酒の鏡開きから始まります。夕食後21時過ぎから樽酒を開ける準備をしておきます(・・・といってもバールを用いてふたをこじ開け再びそっとふたしておきます)。そして、年男・年女の方にセレモニーとして鏡開きをしてもらい、正月3が日お客さんにこの樽酒を召し上がっていただいています。
大晦日はこれに併せて年越しソバをお出ししますので皆さん食堂で紅白歌合戦を見ながら年を越しました。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です