樽酒と左大臣の蔵元(大利根酒造)

ペンション木馬と樽酒は切っても切れない関係で、蔵元にお願いして毎年年末年始の鏡開き用に一斗樽を用意してもらっています。1週間ほど前に「○○日に使うので」と言って注文しておけばちょうど飲み頃になるように樽詰めしておいてくれる。この蔵元は「左大臣」の銘柄で有名?な白沢(現沼田市白沢)にある大利根酒造
今週末(といっても明日から)にやってくる一団は昔の職場の仲間たち(先輩、後輩、同期に同勤した者と家族)。スキーに来るもの2/3。お酒を飲みに来るもの1/3ということで例年この樽酒を楽しみにしているようで、本日蔵元に行ってとってきました。
明日から2日間気合いを入れておつきあいします(^_^)

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です