みなかみの山中にヘリ墜落での大停電その後

0212_22月10日に発生したみなかみ山中へのヘリコプター墜落による大停電はニュース等で報道されたように午前10時すぎから約4時間にも及びました。送電線点検のため飛行していたヘリが送電線に接触し、幹線の送電線が切れたことが原因のようでした。

お客様、リピータの方々、知人から「大丈夫だったか?」「ヘリが落ちたのは近く?」等々お気遣いのメールや連絡をいただきました。ご心配をおかけし、またお気遣い頂きありがとうございました。この場でお礼申し上げます。

当日私は1日出かけており、また携帯電話を持っていくのを忘れていたためこの事故のことは夕方帰宅するまでわからず、家で留守番をしていた奥さんがてんてこまいしていたようです。テレビも映らないのNEWSも見られず、PCも用をなさず、娘に携帯メールで「何が起こったか調べて!」とメールを打ってその返事でヘリの墜落事故を知ったような状況でした。

4時間の停電で、冷蔵庫や冷凍庫も停止したのですが、冬場だったため庫内のものも無事でした。

町中では給食センターが機能しなくなり、学校が臨時休校になったり、リフトが途中で停止してスキー客が取り残されたり、と大変だったようです。

日常、雷等での停電では長くても数分程度の停電なのに予告もなく4時間にも渡る停電は日常生活に大いなる支障を来します。このような災害に対処するべく対応を日常考えておかなければならないと思った今回の事故でした。幸いなことはヘリに乗っていた方が重傷ではあったものの無事であったことです。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です