3/15一ノ倉スノーシュー

マンサクの花
マンサクの花

のHご夫妻をご案内して一ノ倉へ出かけてきました。本当ならば昨日スノーシューに出かける予定をしていたのですが、あいにくの雨・・・ということでその日は「山岳資料館」にご案内し、その後たくみの里でそば打ちやこんにゃくづくりを楽しんでいただきました。また夜には小雪の降る中「ナイトスノーシュー」に参加されました。

当日は天気予報もよさそうということ、日曜日ということで観光協会のツアーが予定されていたり、人出が多そうだということで早めの朝食を食べていただき8時前に木馬を出発しました。前夜の雪のため新雪が積もっていてふかふか雪の感触も楽しんでいただけました。

いつもの場所のいつものマンサクの花が咲いていました。今年はやっぱり例年より早いですね。雪の少ない年はこのマンサクの花は見上げる格好になり、大雪の時は足下に位置し見下ろすようになるのですが、今年はちょうど目線の高さ・・・。例年よりやっぱり雪が少ないようです。マチガ沢手前の「あずまや」は雪の中に埋没しておらず雪の上に姿を現していました。一ノ倉は雲に覆われていたもののほぼその全容を見ることができました。

昼前後にはおそらく大勢のツアーの人たちで賑わうので、早めのランチ(あったかうどんとホットワイン)を食べていただきました。帰路では50人程度の団体ツアー2組、観光協会の20人程度のツアー、そしてみなかみのツアー会社のツアー2組とその他幾組かのツアーとすれ違いました。やはり今朝早めの出発で正解でした。

Hご夫妻には「一ノ倉の全容」「マンサクの花」「雪解けのゆびそ川」と岩場の絶景そして春を感じてもらえたようです。

マチガ沢手前のあずまや
マチガ沢手前のあずまや

一ノ倉の全容
一ノ倉の全容

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です