諏訪峡遊歩道の「新笹笛橋」が2009/5/3開通

晶子公園と笹笛橋架け替え工事と周辺整備工事のため通行止めとなっていた「笹笛橋」が5/3に開通し、供用開始となります。これにあわあせて、諏訪峡遊歩道は「紅葉公園」まで通行可能となります。

新しい「笹笛橋」は鉄骨のガッチリした作りになっており、先代の「吊り橋」に比べると近代的に生っています。先代の「笹笛橋」は本当の吊り橋で渡っていると「揺れる」というスリルがあり、橋のたもとには「一度に5人以上で渡らないでください」との注意書きがあってスリル満点の吊り橋でした。

今回の「笹笛橋」架け替えに併せて、利根川右岸橋のたもとには「与謝野晶子公園」が整備され、晶子の歌碑がいくつか設置されています。対岸(左岸)の「笹笛童子像」付近は現在まだ工事中です。

現時点では対岸が工事中のため「笹笛橋」を渡ることはできませんが、晶子公園から橋半ばまでは行くことができます。笹笛橋から谷川岳方面の眺めは最高です!GW期間中のちょっとした散策にいかがでしょうか?

新しい笹笛橋
新しい笹笛橋

先代の笹笛橋
先代の笹笛橋

新しい笹笛橋
新しい笹笛橋

笹笛橋から上流側の眺め
笹笛橋から上流側の眺め

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です