5/15尾瀬ケ原散策

中田代(下ノ大掘川沿い)のミズバショウと至仏山中田代(下ノ大掘川沿い)のミズバショウと至仏山5/15(金)尾瀬ケ原に残雪の状況と、ミズバショウ開花の状況を調査するため出かけてきました。

天気は良好!でも昨日は寒気が入りみなかみでも雹が降ったのでこの朝も寒い!マイカー規制前なので一気に鳩待峠まで車を乗り入れたが以外にも空いていて峠の駐車場に停めることができた。峠に上がる道路で3箇所ほど凍結していた箇所があった。やはり前日は雪が少し振り、今朝も気温が 下がっていたとのことで木道や登山道は凍結しているとのこと。今回は雪は少ないためスノーシューもアイゼンも持参せず!代わりに靴にワンタッチ(マジックテープで)で装着できるすぐれものの簡易のすべり止め(近くのホームセンターで600円程度で買ったもの) を持ってきたのでこれを装着して出発!これは登山用品店でも1,000円〜1,500円で売っているのでホームセンター様々である。ちなみにAmazonでも「ハイマウント スーパースノーアイスパッド」として売られているのでひとつ持っておられると便利化かもしれません。

滑り止め鳩待峠からの下りの登山道はかなり雪が残っており、また木道や登山道は凍結していたので持参したすべ滑り止めがおもいの他効いて凍結した木道でもスリップすることなく歩くことができた。凍結した木道でスリップして転倒している方を何人か見かけた。お話を伺っているとこの時期登山道が凍結しているとは思わず滑り止めは持っていないとのことでした。

山ノ鼻までは「全面的に雪が残っている」、「木道が一部露出」、「木道が完全に露出」と言う状態が混在しており、一部雪が薄くなったところでは『踏み抜き』の危険があるところもありますのでご注意下さい。

テンマ沢湿原ではミズバショウが顔をのぞかせていました。ビジターセンターのある山ノ鼻にはかなりの残雪が残っています。

山ノ鼻から牛首までの湿原部分には雪がかなり残っているところもありますが木道上には全く雪が残っていません。

ビューポイントの一つである中田代(下ノ大掘川沿い) のミズバショウはおそらく例年より1〜2週間早く咲きはじめています。形は小さくまだまだ生まれたばかり・・・と言うところですが残雪の至仏山とマッチしていい眺めです。

もう一ヶ所のビューポイントである竜宮十字路付近のミズバショウも交いか開花しています。 この場所はシーズン中でもほとんど人手がなく、静かにミズバショウと至仏山を見ることができるポイントです。

ペンション木馬では5/23(土)、5/30(土) に尾瀬ケ原ツアーを開催しますのでぜひ参加してください。

鳩待峠下り口付近
鳩待峠下り口付近

凍結した木道
凍結した木道

木道が一部露出した部分
木道が一部露出した部分

全面雪に覆われた登山道
全面雪に覆われた登山道

テンマ沢湿原のミズバショウ
テンマ沢湿原のミズバショウ

山ノ鼻ビジターセンター
山ノ鼻ビジターセンター

山ノ鼻
山ノ鼻

山ノ鼻付近からの至仏山
山ノ鼻付近からの至仏山

牛首付近からの燧ケ岳
牛首付近からの燧ケ岳

中田代(下ノ大掘川沿い)のミズバショウ
中田代(下ノ大掘川沿い)のミズバショウ

竜宮十字路
竜宮十字路

竜宮十字路付近のミズバショウ
竜宮十字路付近のミズバショウ

ヨッピ吊り橋を渡ったところのミズバショウ
ヨッピ吊り橋を渡ったところのミズバショウ

クマよけの鐘
クマよけの鐘

ヤチヤナギ
ヤチヤナギ

ミズバショウとリュウキンカ
ミズバショウとリュウキンカ

キクザキイチゲとギョウジャニンニク
キクザキイチゲとギョウジャニンニク

木道上にあった誰か(野生動物)のウンチ
木道上にあった誰か(野生動物)のウンチ

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です